Column
コラム

目の下のたるみはどうやって対策する?原因や予防方法を解説

目次

01目の下のたるみとは

02目の下のたるみの原因とは

03目の下のたるみの予防方法

04目の下のたるみの対策方法

05ハナビューティークリニックは理想の目元のお手伝いをします

6【まとめ】目の下のたるみは早めに対策しよう

「目の下のたるみが気になる」
「自分でたるみを治すことはできるの?」
このような疑問を感じている人は多いのではないでしょうか。
目の下のたるみは、老け顔や疲れを印象付けてしまう原因となります。
たるんでしまう原因は、加齢や刺激によるものが大きいです。
本記事では、目の下のたるみの原因や予防方法、対策方法を紹介していきます。
目の下のたるみが気になる人は、ぜひ参考にしてください。

目の下のたるみとは

目の下のたるみは加齢によるものが大きくなります。
年齢とともに肌のコラーゲンとエラスチン、ヒアルロン酸の生産が減少するため、肌の弾力性が低下し、目の下のたるみが目立ってくることが多いです。
また、睡眠や栄養不足、過度のストレスなどは肌に悪影響を及ぼします。
特に紫外線は肌の老化を加速させ、目の下のたるみを悪化させることがあります。

目の下のたるみの原因とは

目の下のたるみの原因は主に加齢です。
10~20代の頃には気にならなかった目の下のたるみが、年齢を重ねると目立ってくるのはそのためです。
ここでは3つのポイントについて解説していきます。

皮膚の弾力低下

目の下のたるみは年齢とともに皮膚の弾力が低下することによって起こります。
皮膚の弾力性はコラーゲンとエラスチンという2つのタンパク質によって維持されています。
若いころはタンパク質が豊富で、肌はふっくらとしてハリがある状態です。
年齢を重ねるにつれてタンパク質の生産量は自然に減少し、肌の弾力性も低下します。
目の下の皮膚は他の顔の部分に比べて薄く、デリケートであるため、弾力性の低下の影響を受けやすいのです。

目元の筋力低下

目元の筋力低下もたるみの原因です。

年齢が上がるにつれて顔の筋肉は徐々に弱まり、目の下のような薄い皮膚を持つ部位では顕著に現れます。
筋力の低下は、皮膚がたるんで見える原因の一つとなり、目の下に袋のようなたるみができることがあります。

眼窩脂肪

眼窩脂肪は、上下のまぶたに存在する脂肪です。
眼窩脂肪は目を保護し眼球の動きをスムーズにするなど、重要な役割を果たしています。
加齢により眼輪筋などの目の周りの筋肉が衰え、眼窩脂肪は徐々に前方に移動しやすくなります。
まぶたを支える筋肉や組織が弱まると、この脂肪が外側に突出しやすくなり、目の下に膨らみができることが多いです。
これは、年齢を重ねるにつれて目立つようになります。

目の下のたるみの予防方法

目の下のたるみを予防する方法はいくつかあります。
しかし、一度たるみができてしまうと元に戻すことは難しいため、たるみができる前に予防していきましょう。

紫外線対策をする

目の下のたるみを予防するには、紫外線対策は有効です。
紫外線は皮膚の老化を促し、特に薄くデリケートな目の下にとっては、しわやたるみの大きな原因となります。
敏感肌用や目の周り用の日焼け止めを選ぶことで、目の下の皮膚に優しく、効果的に紫外線対策ができるでしょう。

目元の保湿をしっかり行う

目の下のたるみを予防する上で、目元の保湿をしっかり行うことは非常に重要です。
目の周りの皮膚は他の部位よりも薄く乾燥しやすいため、適切な保湿ケアが不可欠です。
乾燥は皮膚の弾力性の低下を引き起こし、結果としてたるみやしわの原因となります。
十分な水分を与えることで、肌のハリと弾力性を維持することが可能です。

目元の筋肉を鍛える

目の下のたるみを予防するためには、目元の筋肉を鍛えることも方法のひとつです。
目の周りには眼輪筋という筋肉がありますが、年齢とともに自然に弱まり、これが皮膚のたるみの一因となります。
鍛えることで目の下の筋肉を引き締め、たるみを予防するのに役立ちます
目を大きく開けたり閉じたり、またはウインクをするなど意識的に目の周りの筋肉を動かすとよいでしょう。

目の下のたるみの対策方法

正しいスキンケアや生活習慣の改善により、目の下のたるみの進行を遅らせることはできます。
しかしすでに目の下がたるんでしまった場合、自分で元に戻すのは難しいです。
目の下のたるみが気になるようなら、美容クリニックに相談して適切な方法を検討してみましょう。
ここからは主な施術方法を紹介していきます。

下眼瞼脱脂術

下眼瞼脱脂術とは、以下の2種類の方法があります。
・皮膚の表面を切開し、眼窩脂肪とたるんだ下まぶたの皮膚を両方取る方法
・まぶたの裏側(経結膜側)から切開して眼窩脂肪のみ取る方法
皮膚の表面を切開する方法のメリットは、目の下の眼窩脂肪の突出がなくなることで、目元のたるみが予防・改善できることです。
余分な皮膚を切り取ることが可能ですが、傷が残ってしまうデメリットもあります。
まぶたの裏側を切開する方法のメリットは、まぶたの表面を切らないことで傷跡が目立たないことや、回復が早いことです。
デメリットは、皮膚のたるみには対応できないことです。
施術時間は取る脂肪の量により異なり、30〜60分程度です。
ダウンタイム中は内出血や腫れ、つっぱりなどが起こりますが、1〜2週間程度で落ち着くでしょう。
施術後は翌日からメイクや入浴ができます。
この2種類以外にも、眼窩脂肪を移動させて整える、ハムラ法があります。
どの方法がよいのか、医師に相談するとよいでしょう。

ヒアルロン酸注入

目の下のたるみ対策として、ヒアルロン酸を注入する方法があります。
目の下のくぼんでいる部分にヒアルロン酸を注入して、へこみをカバーしてたるみとなじませます。
メスを使用しないため、痛みやダウンタイムもほとんどありません
即効性があるため、施術直後からハリを感じることができます。
一方で、ヒアルロン酸は徐々に体内に吸収されていくため、効果は永久に持続しません。
使用する薬剤によりますが、半年から2年で吸収されます。

ハナビューティークリニックは理想の目元のお手伝いをします

ハナビューティークリニックは、患者様の理想の目元を作るお手伝いをしていきます。
下まぶたのたるみが強い場合には、下眼瞼脱脂術と一緒に余分な皮膚も取り除いた方がよいでしょう。
状態に合わせて、脂肪注入も可能です。
気になっている箇所などを詳しくお聞かせください。
一人ひとりに合った最適な施術のご提案をさせていただきます。
カウンセリングは無料なので、お気軽にお問い合わせください。

【まとめ】目の下のたるみは早めに対策しよう

目の下のたるみ対策には、下眼瞼脱脂術が有効です。
長い人では半永久的に効果が持続します。
たるみが少ないうちに施術を行うと、皮膚も切除しなくて済むことが多いです。
自分にはどの施術が合っているのか医師と相談して適切に対処しましょう。

関連記事