電話でのお問い合わせ 0120-162-498 火曜日-日曜日:10:00-19:00

メールRESERVATION

LINEご予約はLINEが便利です

コラム

目の下のたるみ取り 後悔

老け顔の原因になる下まぶたのたるみやクマが気になっていませんか?目の下のたるみやクマは「下眼瞼脱脂術(かがんけんだっしじゅつ)」で解消が期待できます。しかしこの施術を受けて後悔している人がいるかどうかは気になるところですよね。

本記事では目の下のたるみ取りの失敗例や副作用、後悔しないためのクリニックの選び方について解説します。施術を検討している人はぜひ最後まで読んで参考にしてくださいね。

目の下のたるみ取りとは?

目の下のたるみ取りとは、眼窩脂肪(がんかしぼう)と呼ばれる目の下の脂肪を取る施術です。これは「下眼瞼脱脂術」と呼ばれ、下まぶたの裏側からたるみの原因となる脂肪を取ることで症状を改善します。肌表面に傷がつかないため施術後の副作用も少なく、ダウンタイムも短く済むため、人気の施術法です。

目の下のたるみ取りで見られる失敗例

下眼瞼脱脂術はダウンタイムも短く安全な施術ですが、失敗して後悔しているという人もいるようです。よく見られる失敗例について解説します。

目の下にくぼみや凹凸ができる

眼窩脂肪を取りすぎてしまったことで目の下にくぼみや凹凸ができることがあります。

くぼみや凹凸ができると今までよりもたるみやクマが目立ったり、見た目が不自然になる可能性があるため、避けたい失敗の一つです。くぼみを解消したい場合は脂肪を注入して見た目を整えることもあります。

クマが残る

下眼瞼脱脂術はクマの改善効果もありますが、すべてのクマに有効なわけではありません。下眼瞼脱脂術で改善効果が期待できるのは黒クマのみです。

目の下のクマには茶クマ・青クマ・黒クマの3種類がありますが、茶クマ・青クマの解消を希望する方は別の治療法を選択するのが良いでしょう。

ご自身のクマが下眼瞼脱脂術で解消するかどうかは医師に確認を取ってください。

たるみやシワが増える

施術後に新たにたるみやシワができる場合があります。

これは脂肪を除去した際に皮膚が余ってしまったのが原因です。脂肪の量が多く、皮膚が余る心配がある場合は、皮膚切除術も同時におこなうのが良いでしょう。

左右差ができる

施術後に左右差が出ることがあります。目は左右対称ではないため、脂肪を除去する際には顔のバランスを見ながら脂肪を取っていく必要があります。

左右差が生じるケースは表情の癖や利き目の使いすぎなどさまざまな理由があるため、一人ひとりの顔の特徴を捉えて施術をしてくれる医師を探しましょう。

目の下のたるみ取りの副作用とは?

目の下のたるみ取りは施術後のダウンタイムが1週間程度必要となり、その間に腫れ・内出血・痛みなどの副作用が出る場合があります。施術後は患部を冷やし安静に過ごしてください。

万が一症状が長引く場合は、担当医にご相談ください。

目の下のたるみ取りで後悔しないクリニックの選び方

目の下のたるみ治療で後悔しないためにはクリニック選びが大切です。後悔しないためのクリニック選びのポイントについて解説します。

実績が豊富なクリニックを選ぶ

目の下のたるみ取りの実績が豊富なクリニック、医師を選びましょう。

美容クリニックは施術によって得意・不得意があり、目の下のたるみ取りの経験が少なかったり不得意としている場合は納得いく結果が得られない場合があります。

美容クリニックのホームページやSNSには症例写真が載っている場合が多いので、症例数が多いクリニックや仕上がりの写真が自分の好みのクリニックを選ぶと失敗の可能性が低くなります。

カウンセリング時に症例写真を見せてもらうこともできるので、写真を見ながら希望の仕上がりを伝えましょう。

事前に口コミを確認する

美容医療の口コミサイトで実際に施術を受けた人の口コミを確認しましょう。

サイトによっては担当した医師の名前や実際にかかった金額が載っているサイトもあるので施術のイメージがつきやすくなります。

カウンセリングに行く前に口コミサイトで評判をチェックすることをおすすめします。

カウンセリングがしっかりしている

カウンセリングをしっかりしてくれる信頼できるクリニックを選びましょう。美容医療は医師とイメージのすり合わせができていないと仕上がりのイメージが自分の希望と異なることがあります。症例写真を見ながら希望のイメージをきちんと伝えるようにしましょう。

信頼できる医師かどうかも非常に大切なポイントです。話しやすい雰囲気か、不安を解消してくれるかなどを確認しながら施術を受けるかどうか決めましょう。

合わないと感じた場合は他のクリニックのカウンセリングを受けるのもおすすめです。

アフターフォローが充実している

美容医療は施術後にダウンタイムが発生します。目の下のたるみ取りはダウンタイムが短く、多少の腫れや内出血が出る程度ですが、ひどい副作用が出る可能性もゼロではありません。

万が一なにかが起きた場合に相談を受け付けてくれるクリニックを選ぶと安心できるでしょう。クリニックによって術後の保証や無料カウンセリングの有無が違うため、施術前に確認しておきましょう。

目の下のたるみ取りならハナビューティークリニックがおすすめ

目の下のたるみ取りならハナビューティークリニックがおすすめです。

ハナビューティークリニックは、目の下のたるみ解消のために下眼瞼脱脂術や、たるみがひどい場合は皮膚切除術をご案内しています。

一人ひとりのお顔の状態をしっかりチェックして丁寧な施術をおこなっておりますので、まずはお気軽にカウンセリングにお越しください。

【まとめ】目の下のたるみ取りで後悔しないよう、クリニックを比較検討しよう!

目の下のたるみ取りは、下眼瞼脱脂術や皮膚切除術をおこなうことで目の下のたるみやクマを解消する施術です。

医師の技術が足りない場合は目の下にくぼみができたり左右差ができてしまったりする場合もあるため、クリニックは慎重に選ぶ必要があります。

実績の豊富さや口コミの評判、カウンセリングの内容などから総合的に判断し、信頼できるクリニックで施術を受けましょう。ハナビューティークリニックでも目の下のたるみ取り施術をおこなっていますので、たるみやクマにお悩みの方はぜひ一度カウンセリングにお越しくださいね。

ドクター紹介

院長あいさつ

私たちの使命は、自信を創り、人々の幸せの源泉となること。日本の美容医療の美しさを伝道し続けます。

みなさまが歳を重ねるほどに磨かれ輝くための、お手伝いをさせていただきます。上質な医療を提供するとともに、安心して落ち着けるクリニックを目指し、スタッフ一同全力を尽くします。

Hana Beauty Clinic 院長 厚田 幸子 Sachiko Atsuta

関連記事