電話でのお問い合わせ 0120-162-498 火曜日-日曜日:10:00-19:00

メールRESERVATION

LINEご予約はLINEが便利です

コラム

目の下のたるみって脂肪が原因?改善方法についても紹介

目の下のたるみって脂肪が原因?改善方法についても紹介

目の下のたるみの原因は、主に眼窩脂肪によって引き起こされます。

目の下のたるみによって生じるクマに悩まされている方もいるでしょう。

そんなお悩みをお持ちの方に本記事では、目の下のたるみと脂肪の関係、改善させるための方法について詳しく紹介しています。

目の下のたるみにお悩みの方にとって役に立つ記事となっていますので、ぜひ参考にしてみてください。

目の下のたるみの原因は眼窩脂肪

「目の下がたるんできたけど原因は?」と悩まれている方もいるでしょう。

目の下のたるみの原因の多くは眼窩脂肪です。

眼窩脂肪とは、眼球が収納されている部分である眼窩の周りにある脂肪のことです。

加齢とともに、眼窩を囲む筋肉が衰えていきます。

それによって、眼窩脂肪が前に押し出され、膨らみとなって目の下に出てくるのです。

この膨らみは不可逆性のもので、一度出てきたら元に戻ることはありません。

そのため、解決するためには、美容整形が必要となります。

また眼窩脂肪が原因の目の下の膨らみによって現れるクマを黒クマといいます。

日本人の多くが、この黒クマに悩まされているのです。

クマの種類

眼窩脂肪によって生じた目の下の膨らみが原因で起こるクマを黒クマといいます。

クマには黒クマ以外にも、茶クマと青クマがあります。

ここではそれぞれのクマの特徴について解説しますので、参考にしてみてください。

黒クマ

クマの原因で最も多いとされているのが、黒クマです。

黒クマとは眼窩脂肪によって生じた目の下の膨らみの影が原因で発生します。

目の下を引っ張ったときに薄くなるクマは黒クマです。

引っ張っても薄くならなければ、次項で解説する茶クマの可能性があります。

茶クマ

茶クマとは、紫外線や摩擦、落としきれていないメイクなどによって色素沈着を起こすことが原因で生じるクマのことです。

目の下を引っ張っても肌の色が薄くならないものは茶クマの可能性が高いでしょう。

青クマ

青クマとは、目の下の血行不良や冷え、寝不足が原因によって生じるクマのことです。

青クマの見分け方は以下の通りです。

・目の下を引っ張ると薄くなる

・目の下を引っ張ると色が消える

・マッサージをすると色が変わる

これらのいずれかに該当する場合は青クマの可能性があります。

目の下のたるみを改善させる方法は3つ

目の下のたるみは不可逆的であるため、自然になくなることはありません

改善させるためには、美容整形を検討する必要があります。

目の下のたるみを改善させる方法には以下の3つがあります。

・下眼瞼脱脂術

・脂肪注入

・ヒアルロン酸

それぞれ詳しくみていきましょう。

下眼瞼脱脂術

下眼瞼脱脂術とは、眼窩脂肪を取り除くことで目の下のたるみを改善する美容整形です。

下眼瞼脱脂術には結膜側または皮膚側からの2つのアプローチ方法があります。

結膜側からアプローチする方法では、まぶたの裏の結膜を数ミリ切開して脂肪を取り除きます。

そのため、顔の見えるところに傷が残りません。

また術後の腫れもほとんどないといった特徴があります。

一方の皮膚側からアプローチする方法では、眼窩脂肪とたるんだ皮膚を同時に切除できます。

皮膚側からのアプローチは、加齢によって著しくたるんだクマや目の下のたるみに効果的です。

下眼瞼脱脂術は、眼窩脂肪が原因となっている黒クマに効果的な方法です。

脂肪注入

脂肪注入は、自分の体内から取った脂肪を目の下に注入して、たるみやクマを改善させる美容整形です。

脂肪を注入することで、たるみによって生じた凸凹を平らにします。

人工のものではなく自分の組織を活用するため、合併症が起こる心配が少ない安全性の高い施術です。

ヒアルロン酸

ヒアルロン酸注入は、目の下にヒアルロン酸を注入することで、たるみやクマを目立たなくさせる美容整形です。

目の下のふくらみやたるみが原因の黒クマに有効的な施術方法です。

目の下のたるみによって生じている凸凹に対してヒアルロン酸を注入し、平らに整え、クマを目立たなくさせます。

注射器を使用し、ヒアルロン酸を注入するだけで終わる施術であるため、ほかの施術と比べて手軽に受けられるのが特徴です。

一方で、効果が半永久的には持続しないため、繰り返し注入が必要といったデメリットも。

ヒアルロン酸注入の効果の持続期間は、個人差や製剤によって異なりますが、数カ月〜1年程度です。

そのため、長い効果を期待している方には不向きといえるでしょう。

下眼瞼脱脂術のメリット・デメリット

下眼瞼脱脂術には以下のメリットとデメリットがあります。

メリット

・結膜側からのアプローチの場合、ダウンタイムがほとんどない

・まれに再発することもあるが、施術によって得られた効果が半永久的に持続する

・結膜側からのアプローチの場合、顔の見えるところに傷跡が残らない

・皮膚側からのアプローチは、症状が著しいクマに効果的である

デメリット

・施術費用がやや高い

・眼窩脂肪が少ない人は効果がほとんどない

・眼窩脂肪が少ない人は適応外である可能性がある

・仕上がりが医師の技量に左右されやすい

・皮膚側からのアプローチの場合、内出血や晴れなどダウンタイム中の症状が強く出る場合がある

脂肪注入のメリット・デメリット

脂肪注入のメリット・デメリットは以下の通りです。

メリット

・アレルギーなど大きな副作用の心配がない

・傷跡が目立たない

・定着した脂肪は半永久的に効果が持続する

デメリット

・注入した脂肪の全てが定着するわけではない

・ヒアルロン酸と比べると施術費用がやや高い傾向にある

ヒアルロン酸のメリット・デメリット

ヒアルロン酸注入には、以下のメリット・デメリットがあります。

メリット

・施術費用が安い傾向にある

・手軽に施術を受けられる

デメリット

・十分な効果を期待できない場合がある

・効果の持続期間に限りがあるため、繰り返し施術を受ける必要がある

新宿で目の下のたるみにお悩みならハナビューティークリニックにお任せください

ハナビューティークリニックでは、目の下のたるみを改善させる美容整形として下眼瞼脱脂術をおこなっております。

クマのお悩みや予算にあわせて、結膜側と皮膚側どちらからのアプローチでも対応可能です。

特に、下まぶたのたるみが著しい場合や年齢より老けて見られる方には「目の下のクマ取り(皮膚切除含む)」をおすすめしております。

当院のクマ取りが気になるという方は、ご相談だけでも承っておりますので、ぜひお気軽にお問い合わせください。

目の下のたるみを取り除いて明るい目元を手に入れよう

この記事では、目の下のたるみと脂肪の関係や改善法について紹介しました。

目の下のたるみの原因のほとんどは、眼窩脂肪によるものです。

眼窩脂肪によるたるみは、美容整形で改善することがおすすめです。

クマ取りをおこなってあなたも明るい目元を手に入れてみませんか?

ドクター紹介

院長あいさつ

私たちの使命は、自信を創り、人々の幸せの源泉となること。日本の美容医療の美しさを伝道し続けます。

みなさまが歳を重ねるほどに磨かれ輝くための、お手伝いをさせていただきます。上質な医療を提供するとともに、安心して落ち着けるクリニックを目指し、スタッフ一同全力を尽くします。

Hana Beauty Clinic 院長 厚田 幸子 Sachiko Atsuta

関連記事