電話でのお問い合わせ 0120-162-498 火曜日-日曜日:10:00-19:00

メールRESERVATION

LINEご予約はLINEが便利です

コラム

眉毛のアートメイクの失敗例とは?後悔しないために注意すべき点を紹介

眉毛のアートメイクの失敗例とは?後悔しないために注意すべき点を紹介

「眉毛のアートメイクって失敗することあるの?」

「アートメイクを受けたけどこれって大丈夫?」

眉毛のアートメイクは、毎日のメイクの手間が省け、メイク崩れすることがなくなるため、人気の施術となっています。

そんなアートメイクですが、失敗について気になっている方もいるのではないでしょうか。

この記事では、眉毛のアートメイクの失敗例と失敗しないための注意点を紹介していますので、ぜひ参考にしてみてください。

眉毛のアートメイクの失敗例

早速ですが、眉毛のアートメイクには以下の失敗例があります。

・左右非対称の仕上がりになった

・色が濃すぎる(海苔のようなべた塗り眉になる)

・時間の経過とともに色が変わった

それぞれ解説していきます。

左右非対称の仕上がりになった

人間の体は左右対称ではないため、アートメイクの仕上がりを完璧な左右対称に仕上げることは難しいです。

しかし、明らかに左右非対称である仕上がりは、施術者の技量の問題や表情筋、骨格などの影響が考えられます。

表情筋の影響による場合、表情が変わったときに左右差が出てしまうことがあります。

そのため、デザインの段階で、表情の変化によって左右差が出ないかしっかり確認してもらえるクリニックを選ぶようにしましょう。

色が濃すぎる(海苔のようなべた塗り眉なる)

アートメイクの色の濃さも仕上がりのイメージに影響します。

薄い場合には、あとから濃くすることが可能です。

しかし、濃すぎた場合に色を薄くすることは非常に難しく、薄くなるまで待つかレーザーでの除去が必要となります。

「色を長持ちさせたい」「色落ちの対策」といった理由で最初から濃い色を入れることはおすすめしません。

時間の経過とともに色が変わった

アートメイクは、時間の経過とともに退色・変色します。

また、1回の施術では色が定着しないため、2回以上施術を受けることが推奨されています。

2回施術を受けたものの退色や変色が気になる場合には、メイクでカバーしたり、リタッチしたりしてもらうことがおすすめです。

施術後数か月は綺麗な茶色であっても、緑や紫へ変色する場合も稀にあります。

経過した後も綺麗に色を定着させることが出来る知識を持ったアーティストに施術をしてもらうことをおすすめします。

そもそも眉毛のアートメイクとは?

眉毛のアートメイクとは、専用の針を用いて皮膚の0.02mm~0.08mm(真皮浅層)の部分に色素を入れる施術方法です。

メイクしていなくても、メイクしているかのように見せることが可能です。

アートメイクをおこなうことで、1〜3年(個人差あり)皮膚に色素が定着します。

そのため、メイクの時間が省けたり、メイク崩れの心配をする必要がなくなったりします。

眉毛のアートメイク施術後のやり直しは難しい

一度施術をおこなったアートメイクは、やり直したり消したりができません。

足りない部分を補ったり、薄い色を濃くしたりは可能です。

失敗しないためにも、アートメイクを受けるクリニック選びは慎重におこないましょう。

眉毛のアートメイクで失敗しないための注意点

眉毛のアートメイクで失敗しないために、以下の6つのことに気をつけるようにしましょう。

・実績のあるクリニックで施術を受ける

・アフターフォローのあるクリニックを選ぶ

・必ず2回以上施術を受ける

・施術後1週間程度は血行のよくなる行動を避ける

・ピーリングの入った化粧品は使用しない

それぞれ詳しく解説します。

実績のあるクリニックで施術を受ける

アートメイクは医師法により医療行為に定められています。

そのため、施術者は医師または医師の指示を受けた看護師のみとなります。

医師や看護師が施術をおこなっているということはもちろんですが、アートメイクの実績があるクリニックを選ぶようにしましょう。

アフターフォローのあるクリニックを選ぶ

アートメイク施術後にトラブルが生じた場合、アフターフォローのあるクリニックだと安心です。

施術の実績に加えて、アフターフォローが充実しているクリニックを選ぶようにしましょう。

必ず2回以上施術を受ける

アートメイクは1回の施術では、退色しやすく色素が定着しません。

そのため、2回以上施術を受ける必要があるため注意しましょう。

2回目の施術後、1〜3年(個人差あり)程で薄くなってきます。

そのため、定期的にメンテナンスを受けることで更に定着が良くなり、綺麗な眉毛の形を維持することができます。

施術後1週間程度は血行の良くなる行動を避ける

運動、入浴、飲酒など体の血行が良くなる行動は、アートメイクの色素が流れ出やすくなります。

また、施術部位の赤みや腫れを助長してしまう原因にもなるため、施術後1週間は血行の良くなる行動を避けるようにしましょう。

紫外線や乾燥を避ける

紫外線や乾燥は、アートメイクの退色、変色の原因となってしまいます。

施術後はもちろんのこと、施術前から紫外線や乾燥対策をしておくことがおすすめです。

施術部位にピーリングの入った化粧品は使用しない

施術部位に、ピーリングの入った化粧品を使用すると、アートメイクが薄くなる原因となってしまいます。

ピーリングの入った化粧品を使用する場合には、施術部位を避けて使うようにしましょう。

ハナビューティークリニックでは4Dアートメイクをおこなっています

4Dアートメイクとは、マイクロニードルという専用の細い針を使って眉を一本一本手彫りしていく方法です。

機械でおこなうアートメイクに対して、より繊細に眉のラインを描くことができ、仕上がりも自眉との違いが分からないほどに自然な形になります。

1〜3年ほどは水や汗に塗れても落ちることがありません。

ハナビューティクリニックでは美容皮膚科に精通した医療スタッフがアートメイクの施術をおこなっています。

アートメイクが気になっているという方は、相談だけでも承っておりますので、お気軽にお問い合わせください。

実績のあるクリニックでアートメイクを受けて失敗のリスクを減らそう

この記事では眉毛のアートメイクの失敗について紹介しました。

アートメイクは医療行為です。

そのため、施術者は医師または医師の指示を受けた看護師のみとなります。

失敗のリスクを下げるためには、医師・看護師が施術をおこなっているか確認はもちろん、アートメイクに対する実績があるクリニックを選ぶようにしましょう。

ドクター紹介

院長あいさつ

私たちの使命は、自信を創り、人々の幸せの源泉となること。日本の美容医療の美しさを伝道し続けます。

みなさまが歳を重ねるほどに磨かれ輝くための、お手伝いをさせていただきます。上質な医療を提供するとともに、安心して落ち着けるクリニックを目指し、スタッフ一同全力を尽くします。

Hana Beauty Clinic 院長 厚田 幸子 Sachiko Atsuta

関連記事