電話でのお問い合わせ 0120-162-498 火曜日-日曜日:10:00-19:00

メールRESERVATION

LINEご予約はLINEが便利です

コラム

アートメイクのダウンタイムは何日?症状を和らげるための過ごし方も紹介

アートメイクのダウンタイムは何日?症状を和らげるための過ごし方も紹介

「アートメイクのダウンタイムはどのくらい?」

「ダウンタイム中は仕事を休んだ方がいい?」

「症状が和らぐ方法を知りたい!」

メイク崩れやメイクの手間を省くことができると人気のアートメイク。

そんなアートメイクのダウンタイム中の期間や症状について知りたいという方もいるのではないでしょうか。

アートメイクのダウンタイムには主に3つの症状があり、1週間程度で治まることがほとんどです。

この記事では、アートメイクのダウンタイム中の症状や過ごし方の注意点についてご紹介しています。

これからアートメイクを受けようと思われている方は、ぜひ参考にしてみてください。

アートメイクのダウンタイムは1週間程度

アートメイクのダウンタイムは1週間程度です。

アートメイクは、真皮浅層(0.02mm~0.08mm)に専用の針で色素を注入する施術です。

皮膚を傷つけて色素を注入するため、施術後は皮膚がダメージを受けている状態でもあります。

ダウンタイム中の皮膚は非常にデリケートな状態であるうえに色素が定着する大切な期間でもあるため、注意しながら過ごしていただく必要があります。

アートメイクのダウンタイム中の症状は3つ

アートメイクのダウンタイム中の症状には主に以下の3つがあります。

・発赤とヒリヒリ感

・かさぶた

・一時的に濃くなる

それぞれ詳しく解説します。

症状①発赤とヒリヒリ感

皮膚に針を刺して色素を注入していくアートメイクでは、ほとんどの方に施術後に発赤やヒリヒリ感が出現します。

そのほかにも、腫れが生じる場合もあります。

これらの症状は、1週間程度で治まることがほとんどですので心配する必要はありません。

ただし、1週間経過しても症状が治まらない場合や悪化する場合には、ほかの原因が考えられますので、施術を受けたクリニックに相談するようにしましょう。

症状②かさぶた

ダウンタイム中の症状の1つとしてかさぶたがあります。

怪我が治る際にかさぶたができるのと同様に、アートメイクで傷を負った状態である皮膚にもかさぶたができることがあります。

これは、自然な経過ですので心配する必要はありません。

かさぶたが気になるからといって触らないように気をつけましょう。

かさぶたを触り過ぎると色素沈着を起こす原因となってしまいます。

症状③一時的に濃くなる

ダウンタイム中に生じるかさぶたによって、一時的に眉毛が濃く見えることがあります。

施術後2〜3日目をピークに約1〜2週間でかさぶたが剥がれ、色味も落ち着いて見えるようになります。

アートメイクのダウンタイム中の経過

アートメイクのダウンタイム中の経過は以下の通りです。

経過 症状
施術直後 発赤、腫れ、ヒリヒリ感
施術翌日 発赤、腫れ、ヒリヒリ感
施術2〜3日経過後 かさぶた、発赤、一時的に濃くなる
施術1週間後 かさぶたが剥がれ始める
施術2週間後 ほとんどの症状が治まる

施術後2〜3日をピークに症状が落ち着いてきます。

腫れやかさぶたをほかの人に見られるのが嫌といった場合には、2〜3日程度仕事や学校を休むのがおすすめです。

1〜2週間経過後も症状が治まらなかったり悪化したりする場合には、ほかの原因が考えられます。

施術を受けたクリニックに相談するようにしましょう。

アートメイクのダウンタイム中の3つの注意点

アートメイクのダウンタイム中は、以下の3つの注意点に気をつけながら過ごしていただくことで、症状を和らげたり色持ちを良くしたりできます。

・施術後1週間程度は血行のよくなる行動を避ける

・ピーリングの入った化粧品は使用しない

・施術後は乾燥や紫外線を避ける

それぞれ詳しく解説します。

注意点①施術後1週間程度は血行のよくなる行動を避ける

運動、入浴、飲酒など身体の血行が良くなる行動は、アートメイクの色素が流れ出やすくなる原因となります。

また、施術部位の赤みや腫れ、ヒリヒリ感を助長してしまう原因ともなるため、施術後1週間程度は血行の良くなる行動を避けるようにしてください。

注意点②ピーリングの入った化粧品は使用しない

アートメイクの施術部位にピーリングの入った化粧品を使用すると、色素が薄くなる原因となってしまいます。

また、施術部位の赤みや腫れ、ヒリヒリ感を助長してしまう原因ともなり得ます。

どうしてもピーリングの入った化粧品を使用したい場合には、施術部位を避けて使うようにしましょう。

注意点③施術後は乾燥や紫外線を避ける

紫外線や乾燥による刺激は、アートメイクの退色・変色の原因となります。

施術後の肌トラブルを防ぐためにも、施術前から紫外線や乾燥対策をしておくことがおすすめです。

アートメイクは2回以上の施術が必要

アートメイクは1回の施術では、注入した色素が代謝によって必ず薄くなるため、色が定着しません。

そのため、最低でも2回は施術を受ける必要があります。

2回目の施術後、個人差がありますが多くの場合1〜3年程で薄くなります。

定期的にメンテナンスを受けることで更に定着が良くなり、綺麗な眉毛の形を維持することが可能です。

アートメイクは施術後のやり直しが難しい

アートメイクは、一度施術を受けるとやり直したり消したりが難しいため、失敗は許されません。

医療行為であるアートメイクは、医師または看護師が施術をおこなわなければなりません。

医療スタッフが施術をおこなっていることはもちろん、実績のあるクリニックで施術をおこなうことで失敗のリスクを減らすことが可能です。

万が一、アートメイクをやり直したり消したりしたいという場合には、施術後1カ月が経過してからレーザー治療や切除術などを受ける必要があります。

アートメイクをお考えならハナビューティクリニックにお任せください

ハナビューティクリニックでは、眉とリップのアートメイクをおこなっております。

眉のアートメイクでおすすめなのが「4Dアートメイク」。

マイクロニードルという専用の細い針を使って一本一本眉を手彫りしたあとに、パウダーも入れる施術方法です。

繊細に眉を描けるため、自眉との違いを感じないほど自然に仕上がります。

施術を受けてから1〜3年ほどは、水や汗に濡れてもアートメイクが落ちないのも魅力です。

ハナビューティクリニックのアートメイクが気になるという方は、カウンセリングにお気軽にお越しください。

アートメイクはダウンタイム中の過ごし方が大切

この記事では、アートメイクのダウンタイムの症状や過ごし方について解説しました。

アートメイクのダウンタイム中に起こる症状は、発赤・ヒリヒリ感やかさぶたで、施術後2〜3日をピークに1週間程度で症状が治まります。

ダウンタイム中の症状を軽くするためには、過ごし方に気をつけていただく必要があります。

ダウンタイム中の症状にお悩みの方は、この記事で紹介した内容をもとに和らげてみてください。

ドクター紹介

院長あいさつ

私たちの使命は、自信を創り、人々の幸せの源泉となること。日本の美容医療の美しさを伝道し続けます。

みなさまが歳を重ねるほどに磨かれ輝くための、お手伝いをさせていただきます。上質な医療を提供するとともに、安心して落ち着けるクリニックを目指し、スタッフ一同全力を尽くします。

Hana Beauty Clinic 院長 厚田 幸子 Sachiko Atsuta

関連記事