電話でのお問い合わせ 0120-162-498 火曜日-日曜日:10:00-19:00

メールRESERVATION

LINEご予約はLINEが便利です

コラム

下眼瞼脱脂術の痛みはどの程度?術中・術後の痛みや緩和方法を解説

下眼瞼脱脂術の痛みはどの程度?術中・術後の痛みや緩和方法を解説

下眼瞼脱脂にまぶたの裏側から脂肪を取る施術です。

肌表面に傷が残らないことがメリットですが、目の周辺には様々な血管が通っているため、施術には多大な痛みが伴うのではないかと心配される人も多いのではないでしょうか。

実際のところは、術中に伴う痛みはほとんど感じることがありません

ただし下眼瞼脱脂術の痛みは、術後にも存在します。

下眼瞼脱脂術の痛みに対して理解が広がれば、症状を緩和することも可能です。

下眼瞼脱脂術は麻酔をするため痛みはない

下眼瞼脱脂術の施術前には局所麻酔をするため、痛みはありません。

もし施術中に痛みが発生した際は、麻酔を追加することで対処可能です。

全身麻酔とは違い、施術中も話をすることができるので、不安があればいつでも医師に相談できます。

中には話声や術中の音が聞こえることで不安を覚える人もいますが、その場合は耳栓をしてもらうことで対応します。

痛みを伴うのは施術前の局所麻酔

術中は麻酔が効いているため痛みは感じたとしても我慢できる程度です。

しかし局所麻酔による痛みは発生するため注意が必要です。

痛みの度合いは、注射をする際と同様のチクッとしたもので、多くの人が耐えられる程度の痛みです。

基本的にクリニックで局所麻酔に使用する針は、非常に細い形状なので、痛みの多くを抑えられます。

下眼瞼脱脂術の局所麻酔に対する痛みを緩和する方法

痛み自体は小さくても、経験したことがない領域では少なからず恐怖がでるのは当然のことです。

局所麻酔だけでは不安な人でも安心できるよう、クリニックでは他にもいくつかの麻酔方法を用意しています。

局所麻酔以外で使用される麻酔は、下記の3種類です。

  • 点眼麻酔
  • 静脈麻酔
  • 笑気麻酔

それぞれの特徴を見ていきましょう。

点眼麻酔

点眼麻酔は点眼麻酔液を目に滴下するため、眼球を傷つけることなく作用します。

麻酔効果は数十秒後にあらわれますが、持続力は弱く数分内で切れることが多いです。

そのためクリニックでは点眼麻酔のみを使用するのではなく、局所麻酔と併用して注射の痛みを和らげる目的で使用します。

局所麻酔の痛みが心配な人でも、点眼麻酔をすることで痛覚を大きく緩和できるのです。

静脈麻酔

麻酔薬を点滴に注入することで痛みを取り除きます。

意識が半分眠っているような状態になるため、痛みだけでなく恐怖も感じずに局所麻酔を打てることが利点です。

ただし、点滴麻酔によって眠りに入ってしまうと、身体を起こして脂肪の状態を正しく確認することが難しくなります。

寝ている状態のみでの確認は、脂肪が後ろへ移動してしまうためです。

笑気麻酔

笑気麻酔ではチューブを用いて鼻から笑気ガスを吸入します。

恐怖感や緊張を解消させる効果があり、点滴麻酔とは違い、半分眠ったような状態になるほど強い作用はありません。

笑気麻酔は即効性は高いですが、効果が切れるのも早いことが特徴です。

笑気麻酔後は身体がリラックスしているため、抵抗なく局所麻酔を受けられます。

笑気麻酔注入後も施術中の意識は保て、会話もできます。

下眼瞼脱脂術の術後の痛み

下眼瞼脱脂術の術後の痛みは軽い部類です。

ただし目を強く瞑ったり、傷口を触った場合には痛みが発生し、無理をすると内出血を起こす要因にもなるため注意してください。

回復期間には個人差がありますが、痛みがなくなる目安は1〜2週間です。

稀に数ヶ月経過しても、時々痛みを感じる人もいますが、経過とともに症状は改善されます。

もし数ヶ月しても改善傾向が見られない場合は、クリニックに連絡してください。

痛み止めの薬を処方してもらう

下眼瞼脱脂術は術後の痛みが少ないため、痛み止めの薬を処方しないクリニックも存在します。

クリニックは患者の要望に寄り添ってくれるので、もし痛みに対しての不安が強いようなら、薬を処方してもらいましょう。

下眼瞼脱脂術の術後の痛みを緩和する方法

術後の痛みを緩和する、具体的な方法は下記の通りです。

  • 血行を促進させない
  • 患部を冷やす
  • 頭を高くする

施術後は痛みだけではなく、腫れ・むくみも目立ちますが上記の内容を実践することで、回復期間を早められます。

血行を促進させない

激しい運動や長時間の入浴、飲酒など血行が上がる行為は控えてください。

術後は腫れやむくみが目立つため、解消する目的でマッサージをすることも逆効果です。

少なくとも患部に大きな刺激を与えるような激しい運動やマッサージに関しては、医師から許可が出るまで避けた方が良いでしょう。

患部を冷やす

手術当日から2〜3日間は、定期的に患部を冷やすことで痛みを抑えられます。

ただし、術後は患部を濡らすことは厳禁なので、氷を直接当てるのではなく、できれば保冷剤を利用してください。

シャワーは当日、あるいは翌日から可能ですが、患部付近を濡らさないよう注意しましょう。

頭を高くする

就寝時は頭の位置を心臓より高くすることで、腫れが引きやすく、痛みも少なくなります。

安静にすることは大切ですが、身体を横にしたままでは逆効果につながるおそれがあるため、日中は起きて生活することがおすすめです。

痛みを緩和した施術ならハナビューティークリニック

下眼瞼脱脂術は、局所麻酔を行うときにチクッとした痛みが発生します。

それほど強い痛みではありませんが、痛覚に対する耐性や恐怖感は人それぞれ違います。

ハナビューティークリニックでは、痛みに対して不安な人でも安心して施術に臨める体制を整えており、気がかりな点があれば随時調整が可能です。

施術の前には丁寧なカウンセリングを行っているので、些細な不安や疑問でも気軽に尋ねてください。

当院ではお客様の悩みや希望に適した治療を行なっています。

下眼瞼脱脂術について気がかりな点や、ご要望があれば当院までお問い合わせください。

まとめ

下眼瞼脱脂術の痛みは、局所麻酔時に発生します。

局所麻酔が不安な人でも安心して絵術が受けられるよう、クリニックでは別の麻酔方法を用意しています。

万が一施術中に痛みが発生した場合は、追加で麻酔を投入することで対処可能です。

術後にも軽い痛みがありますが、血行を促進させる行為を控え、定期的に患部を冷やすことで軽減できます。

下眼瞼脱脂術は、技術の高い医師から施術を受けることで、痛みやリスクを抑えられます。

ドクター紹介

院長あいさつ

私たちの使命は、自信を創り、人々の幸せの源泉となること。日本の美容医療の美しさを伝道し続けます。

みなさまが歳を重ねるほどに磨かれ輝くための、お手伝いをさせていただきます。上質な医療を提供するとともに、安心して落ち着けるクリニックを目指し、スタッフ一同全力を尽くします。

Hana Beauty Clinic 院長 厚田 幸子 Sachiko Atsuta

関連記事