電話でのお問い合わせ 0120-162-498 火曜日-日曜日:10:00-19:00

メールRESERVATION

LINEご予約はLINEが便利です

コラム

【名医選びが必須】下眼瞼脱脂で結果を出すためのポイントは?

【名医選びが必須】下眼瞼脱脂で結果を出すためのポイントは?

目元のたるみやクマは、加齢とともに症状が進行します。

セルフケアでもある程度の防止は可能ですが、大きく改善することは困難です。

たるみ・クマを解消するには下眼瞼脱脂という施術が適しています。

下眼瞼脱脂は余分な眼窩脂肪を取り除く手術で、高い効果が期待できます。

しかしリスクやデメリットもあるため、施術を受ける際には名医に依頼することが大切です。

本記事では、下眼瞼脱脂で結果を出すために必要な名医を選択する基準を解説します。

満足のいく結果を出すために確認すべきポイントを押さえ、信頼できる名医を選んでください。

下眼瞼脱脂で名医を選択するべき理由

下眼瞼脱脂において名医を選択するべき理由は、施術の難易度が高くリスク・デメリットがあるためです。

下眼瞼脱脂は目の下にある突出した眼窩脂肪を除去する施術です。

たるみの原因が眼窩脂肪の突出なのか、皮膚のたるみなのか、まずは正確な診断を受ける必要があります。

施術の難易度が高いため

下眼瞼脱脂は難易度が高いため、経験豊富な施術者を頼る必要があります。

名医に依頼することで、手術に関する幅広い知識をもとにひとりひとりの症状に適した施術を受けられます。

下眼瞼脱脂術には皮膚側・結膜側から行う2つの術式があり、後者であれば傷跡が皮膚表面に残りません。

適切な施術を名医から受けることで、高い効果を実感できるでしょう。

リスク・デメリットがあるため

下眼瞼脱脂術は目の周辺に行う施術なため、リスクやデメリットが存在します。

通常のリスクはダウンタイム中の内出血や腫れですが、大きな失敗をすれば凹凸が生じたり、視力障害を起こしたりするケースもあります。

名医に施術を依頼すれば、重大なリスクを避けて満足のいく仕上がりを得やすくなるでしょう。

名医であれば施術の潜在的なリスクを認識し、予防や発生した場合の対処に必要なステップを熟知しているため、大事には至らないケースがほとんどです。

名医はどのように下眼瞼脱脂を行なっている?

寝ている状態と身体を起こした状態では、重力によって眼窩脂肪の位置が変わります。

寝ている状態では脂肪の取り除きに問題がないように見えても、いざ身体を起こしてみると、十分ではないことがほとんどです。

そのため名医は手術の途中で体を起こし、眼窩脂肪の状態を何度もチェックすることで、取り残し・取りすぎを防いでいます

このように丁寧に手術を進めることで、適切な脂肪の量を取り除くように注意を払います。

そのため、眠るほどの作用がある麻酔は使わないケースが多いです。

下眼瞼脱脂の名医を選択する基準

下眼瞼脱脂の名医を選ぶ際に考慮すべき基準を紹介します。

下眼瞼脱脂は、より若々しい見た目を手に入れるためにおすすめの術式ですが、施術者の選択を誤ってしまうと満足のいく結果は得られません

ここで紹介する基準を参考にしていただくことで、施術の成功率が高まります。

症例数は十分か

まずはクリニックや施術者の実績を確認しましょう。

十分な症例数があるからといって必ずしも名医であるとは言い切れませんが、技術の高い施術者は優れた実績を持っているものです。

クリニックのホームページに症例数が記載されていない場合は、カウンセリングの際に実際の症例を見せてもらったり、実績を聞いてみるのも良いでしょう。

良い口コミが多いか

口コミは、クリニックの技術・サービスレベルを判断するための基準になります。

ただし、名医と呼ばれる施術者でもすべてが良い口コミとはなりません。

口コミを総合的に判断した上で、候補とするクリニックを選択することがオススメです。

また口コミはクリニックの関係者が書き込むことも可能なため、内容は良いものの極端にレビュー数が少ない場合も注意が必要です。

カウンセリングを重要視しているか

優れた結果を出すには入念なカウンセリングを行い、患者の不安や要望に耳を傾けた上で、理想像を共有する必要があります。

どれだけ技術が高くとも、カウンセリングをおろそかにしていては後々問題が発生する可能性があるでしょう。

名医はカウンセリングを重視しており、手術に関連するリスクについても時間をかけて説明してくれます。

リスクについて説明があるか

どのような施術でもリスクは伴います。

カウンセリング時には、治療方針や施術の内容だけでなく、リスクについても説明されているか確認してください。

もちろん名医といわれる施術者でも、リスクがゼロになる訳ではありません。

施術後のアフターフォローも含めて、誠実な対応を行なってくれるか判別することが大切です。

下眼瞼脱脂で多い失敗例

下眼瞼脱脂で多い失敗例の原因は、眼窩脂肪の取りすぎ、もしくは取り残しによるものです。

それぞれの失敗例の対応方法を解説します。

再手術を検討する場合は、前回と同じ施術者を頼るのではなく、名医を訪ねた方が良いでしょう。

眼窩脂肪の取りすぎ

下瞼脱脂の失敗のひとつは、眼窩脂肪の取りすぎです。

取りすぎた脂肪が原因で凹みができてしまった場合、放置していても元には戻りません。

脂肪やヒアルロン酸を注入して修正する必要があります。

ただし脂肪やヒアルロン酸は時間の経過とともに体内に吸収される性質があるため、維持するためには定期的な治療が必要です。

眼窩脂肪の取り残し

下眼瞼脱脂で取り残しがあった場合には、ダウンタイムが終了して症状が落ち着くまで観察期間を設け、再手術によって脂肪を取り除きます

その後も問題が残る場合、追加の脂肪注入を考慮することで対処することもあります。

再手術を受けたい場合は、事前にクリニックと相談した上で決定しましょう。

下眼瞼脱脂ならハナビューティークリニックへ

下眼瞼脱脂は目の下のたるみやクマを解消するために効果が期待できる施術ですが、小ジワの発生や凹みが出る可能性もあり、仕上がりは施術者の技量によって左右されます。

高い技術を持った施術者を頼ることが、下眼瞼脱脂を成功させる重要なポイントです。

当院の施術者は皮膚側・結膜側どちらも対応可能です。

どちらの施術が適しているか疑問があれば、診断とカウンセリングを受けていただくことで判断の目安になります。

相談だけでも承っていますので、お気軽にご相談ください。

下眼瞼脱脂は名医を選択するべき

下眼瞼脱脂は施術の難易度が高く、リスクやデメリットがあるため、クリニック選びは慎重に行うべきです。

下眼瞼脱脂で多い失敗例には脂肪の取りすぎ、もしくは取り残しがあります。

失敗を回避するためにも、名医の選択は非常に重要です。

名医を選ぶためには、施術の症例数や口コミを確認しましょう。

クリニックの候補が見つかったら実際に足を運び、カウンセリングを受けることをオススメします。

安心して満足のいく結果を得るためにも、信頼のおける名医を頼りましょう。

ドクター紹介

院長あいさつ

私たちの使命は、自信を創り、人々の幸せの源泉となること。日本の美容医療の美しさを伝道し続けます。

みなさまが歳を重ねるほどに磨かれ輝くための、お手伝いをさせていただきます。上質な医療を提供するとともに、安心して落ち着けるクリニックを目指し、スタッフ一同全力を尽くします。

Hana Beauty Clinic 院長 厚田 幸子 Sachiko Atsuta

関連記事