電話でのお問い合わせ 0120-162-498 火曜日-日曜日:10:00-19:00

メールRESERVATION

LINEご予約はLINEが便利です

コラム

下眼瞼脱脂でクマの改善が期待できる|そもそもクマができる原因は?

下眼瞼脱脂でクマの改善が期待できる|そもそもクマができる原因は?

下眼瞼脱脂は、目の下のたるみによってできた黒クマの改善が期待できる施術です。

目の下のふくらみを軽減することで凹凸を減らし、加減によってできた黒クマの解消が期待できます。

目の下に濃いクマがあるだけで一気に老けたような印象になるので、悩んでいる方も多いでしょう。

今記事では、下眼瞼脱脂について詳しくまとめていきます。

また、そもそもクマができる原因は何なのかについてもまとめていくので、最後までご覧ください。

下眼瞼脱脂とは

下眼瞼脱脂とは、目の下のたるみを取る施術の1つです。

目の下にある不要な眼窩脂肪を取り除くことで、黒クマの改善効果が期待できます。

施術ではメスを使って、下まぶたの裏側の粘膜部分から脂肪を取り除いていきます。

小さな傷ですし、まぶたの裏側から切開するため、傷が目立つ心配もありません。

また、抜糸の必要もないので、比較的ダウンタイムが短いのもメリットの1つです。

基本的には1〜2週間程度でダウンタイムの症状が落ち着いていくでしょう。

下眼瞼脱脂のメリット

下眼瞼脱脂をすることで以下の3つのメリットが得られます。

一度の施術で効果が期待できる

下眼瞼脱脂は一度の施術で効果が期待できるのが大きなメリットです。

中には施術を重ねることで効果が現れる治療方法もたくさんあります。

しかし、下眼瞼脱脂は一度の施術だけで効果が期待できるので、即効性があるのが特徴です。

費用に関しても繰り返す必要がないので、総合的に計算すると安く済ませられる場合もあります。

また、基本的に取り除いた脂肪細胞は復活することはありません。

肥大することはあるかもしれませんが、せいぜい数倍程度などで大きな影響が出ることはないでしょう。

1回治療を受けるだけで半永久的な効果が期待できるので、その後の黒クマに悩まされる心配が軽減されるのが魅力的です。

傷跡が目立たない

下眼瞼脱脂はメスを使って脂肪を取り除いていくので、「傷跡が目立つのではないか」と心配になっている方もいるでしょう。

施術ではまぶたの裏側から切開するため、皮膚表面に傷ができることはありません。

切開する範囲も小さいので、自己治癒力で自然に傷跡も治っていきます。

ちなみに、クリニックを選ぶ際は、高周波メスを使用しないところを選びましょう。

高周波メスを使用すると傷跡が目立つ可能性があります。

技術の高い医師であれば高周波メスを使用しなくても適切な施術が可能なので、クリニックを選ぶ際のポイントにしてみると良いでしょう。

ダウンタイムのリスクが少ない

下眼瞼脱脂はダウンタイムのリスクが少ないのも魅力の1つです。

メスを使用するものの、切開する部分が少ないのでダウンタイムを抑えられます。

人によって赤みや腫れ、内出血などの症状が現れる場合がありますが、基本的に2週間程度で症状が落ち着いていくでしょう。

万が一症状が長引く場合は、医師に相談することが大切です。

そもそもクマができる原因は?

そもそもなぜクマができてしまうのでしょうか。

クマができる原因を知ることで予防につながるので、確認してみてください。

加齢

黒クマの原因は、加齢による皮膚のたるみです。

歳を重ねるごとに眼輪筋が低下したり、コラーゲンが減少したりするので、肌のハリや弾力が徐々に失われていきます。

重力に逆らえなくなり、目の下の皮膚が大きくたるんでしまうのです。

目の下にたるみができると影のようになり、黒クマが発生してしまいます。

血行不良

血行不良は青クマができる原因の1つです。

目の周りの血行が悪くなることで毛細血管が透けて、クマのように見えてしまいます。

血行不良を引き起こすと還元ヘモグロビンと呼ばれている少し暗めの赤青色の血液が増えると言われており、青っぽく見えてしまうのです。

目の周りの血行不良を引き起こす原因としては、寝不足、運動不足、疲れ、パソコンやスマホの長時間使用などが挙げられます。

色素沈着

紫外線などの影響が加わることで目の下に色素沈着が起こり、茶クマができると言われています。

目の周りの皮膚は他の部位と比べても薄いので、紫外線や乾燥などの影響を受けやすいです。

目元の紫外線対策を怠ったり、目元をこすったりすると、その刺激で色素沈着が起こり、クマを発生させてしまいます。

クマの種類に合わせた対処法を取ることが大切

クマにもいろいろな種類があります。

しかし、クマの種類に合わせた対処法をしなければ改善効果は期待できません。

青クマ

青クマを解消させるためには、血行不良を改善することが大切です。

中でもおすすめなのが、ホットタオルで目元を温めることです。

マッサージも良いですが、疲れている時だと面倒に感じてなかなか続けられないこともあります。

ホットタオルであれば手軽に行えるので、特に疲れているときにおすすめです。

濡らしたタオルをラップで包み、電子レンジで1分程度温めるだけでできます。

目元全体を覆うようにホットタオルで温めてあげるといいでしょう。

茶クマ

茶クマを解消させるためには、日ごろのスキンケアと紫外線対策を徹底することが重要なポイントです。

保湿や美白成分が配合されている化粧品を使用して、目元のお手入れをしましょう。

また、メラニンの生成を抑える効果が期待できるビタミンC誘導体やトラネキサム酸が含まれている化粧品もおすすめです。

黒クマ

黒クマを解消するためには、眼輪筋トレーニングが効果的です。

眼輪筋を鍛えることで目の下のたるみの改善につながるので、徐々に薄くなっていくでしょう。

しかし、すぐにクマが解消されるわけではありません。

すぐにクマを消したい場合は下眼瞼脱脂がおすすめです。

下眼瞼脱脂は目の下にある不要な脂肪を取り除くことで、クマの解消を目指していきます。

ダウンタイムも短く、傷跡も目立たないので気軽に受けられる施術の1つです。

下眼瞼脱脂を受けるならハナビューティークリニックで

下眼瞼脱脂でクマを解消したいならハナビューティークリニックがおすすめです。

知識と経験が豊富な医師が在籍しており、患者に合わせた治療方法でサポートしてくれるでしょう。

プライバシーも確保されているので、周りを気にせず治療に集中できるのも魅力の1つです。

クマでお悩みの方は、まずはカウンセリングで相談してみると良いでしょう。

ドクター紹介

院長あいさつ

私たちの使命は、自信を創り、人々の幸せの源泉となること。日本の美容医療の美しさを伝道し続けます。

みなさまが歳を重ねるほどに磨かれ輝くための、お手伝いをさせていただきます。上質な医療を提供するとともに、安心して落ち着けるクリニックを目指し、スタッフ一同全力を尽くします。

Hana Beauty Clinic 院長 厚田 幸子 Sachiko Atsuta

関連記事