電話でのお問い合わせ 0120-162-498 火曜日-日曜日:10:00-19:00

メールRESERVATION

LINEご予約はLINEが便利です

コラム

【バレバレ】不自然な二重整形になる4つの原因とは?クリニックの選び方が肝心

【バレバレ】不自然な二重整形になる4つの原因とは?クリニックの選び方が肝心

一重で悩んでいる人でも、二重整形を受けることで美しい二重を実現できます。

しかし、施術に失敗してバレバレになってしまう人も少なくありません。

バレバレになってしまう原因には、明らかな施術ミスだけでなく、クリニックの選び方や注意点を無視してしまったことが影響しているケースもあります。

本記事では、バレバレになってしまう原因と満足度の高い自然な二重を作る方法について紹介します。

自分にとって安心できる施術を受け、理想の二重を手に入れましょう。

二重整形がバレバレになってしまう4つの原因

整形したことがバレバレの二重になってしまう原因は、下記の4つです。

  • 二重の幅が広すぎる
  • 傷跡が残っている
  • まぶたに膨らみや凹みがある
  • ダウンタイムの腫れ・内出血が目立つ

バレる原因の多くは、施術ミスによるものだと思われるかもしれません。

しかし、実際にはデザイン自体に問題があるケースや、傷が十分回復していない段階で人と会う予定を入れてしまうことも要因となっています。

二重の幅が広すぎる

二重の幅が広すぎる場合、どうしても不自然な見た目となりやすいです。

自然に見える二重幅は人によって異なりますが、明らかに不自然だとバレバレになるリスクも高くなるでしょう。

二重幅が広すぎると整形前と比べて変化が大きいので、周りからは怪しまれてしまいます。

普段のメイクで二重を形成する習慣をつけていれば、変化が少なく感じられます。

傷跡が残っている

切開法の場合、傷跡が完全に解消されることはありませんが、経過とともに目立ちにくくなります。

傷跡は数ヶ月〜半年ほどかけて徐々に癒えますが、修正手術を何度も行なったケースでは傷跡が目立ちやすく、二重ラインが崩れやすくなってしまいます。

傷跡が残るのを不安と感じるのであれば、メスを伴わない埋没法がおすすめです。

まぶたに膨らみや凹みがある

埋没法では医療用の細い糸をまぶたに留めることで二重を形成します。

糸の結び目の箇所や留め方が適切でなかったり、過剰な刺激を与えたりすると、まぶたに膨らみや凹みができるケースがあります。

もしまぶたに違和感があれば鏡で確認し、糸が飛び出しているようならクリニックへ連絡して対処してもらいましょう。

ダウンタイムの腫れ・内出血が目立つ

術後しばらくの期間はダウンタイムが発生し、腫れや内出血といった症状が発生します。

ダウンタイムの期間は術式や施術者の手術の技術、患者の体質によって変化が生じます。

ダウンタイム中は傷を修復するために安静に過ごしましょう。

切開法と埋没法はどっちがバレバレになりやすい?

結論からいえば、どちらの術式がバレやすいかではなく、施術者の技術によるところが大きいです。

ただし切開法の場合は施術に失敗すれば、修正の難易度が跳ね上がります。

埋没法は、もし施術に失敗しても修正が容易なので、その分バレにくいと考えられるでしょう。

切開法の場合

切開法はメスを使って直接まぶたを切る術式なので、ダウンタイムは埋没法に比べて長くなる傾向にあります。

切開する幅によっても回復までにかかる期間は異なりますが、ダウンタイムは4〜8週間程度です。

また、人によっては1ヶ月以上ダウンタイムが治まらないケースもあります。

ダウンタイム中の腫れや内出血などの症状が出ている期間はその分バレやすくなると考えてください。

埋没法の場合

埋没法は糸で二重を形成する術式で切開を伴わないので、切開法よりもダウンタイムが短い期です。

ダウンタイムは1〜2週間程度ですが、切開法と同様に腫れや内出血などの症状が出ている期間ではバレバレになりやすいため注意してください。

ダウンタイムを考慮すると、切開法に比べて埋没法はバレにくい術式といえます。

満足度の高い自然な二重を作るには

満足度の高い自然な二重を作るポイントは、以下の4項目です。

  • 二重整形が得意な施術者を頼る
  • カウンセリングで希望の詳細を伝える
  • 自身に適した治療法を選択する
  • 術後のケアを入念に行う

二重整形が得意な施術者を頼る

二重整形が得意な施術者に手術を依頼することは非常に重要です。

もし技術に不安がある施術者を頼ってしまった場合、切開法であれば不自然な見た目となり、埋没法であれば不自然なうえに糸が取れやすくなるリスクも発生します。

技術レベルの高い施術者を頼ることは、バレバレになるリスクを減らすだけでなく、理想の二重を実現するためにも重要です。

カウンセリングで希望の詳細を伝える

二重整形の前には、診断とカウンセリングを受けることになります。

カウンセリングでは希望の詳細を伝え、施術者と理想の二重像の共有をする必要があります。

カウンセリングに十分な時間をかけなかった場合、理想とかけ離れた見た目になってしまう可能性もあるため注意しましょう。

自身に適した治療法を選択する

自身に適した治療法を選択することも、理想の二重を手に入れるために重要です。

たとえば埋没法を選択するにしても、まぶたの厚みが多い人であれば糸が取れやすくなってしまいます。

自分の目の形や希望にあった治療法を選択することで、バレバレにならずに自然な二重を作れます。

術後のケアを入念に行う

施術後は、入念なアフターケアが必要です。

術後のケアを怠ると腫れや痛みが続いたり、症状が悪化したりすることがあります。

適切なケアを行い生活習慣を正しく過ごして入れば、その分回復期間も早くなります。

術後の数日間は患部を冷やし、刺激を与える行為を避けましょう。

ハナビューティークリニックは切開法・埋没法ともに対応

ダウンタイムの観点からいえば、埋没法は傷の回復期間が早いため、周りにバレにくい術式といえるでしょう。

しかし、メスを入れる施術は避けたくとも、まぶたに厚みがあるので埋没法が向いていない人もいます。

まぶたの脂肪が多く、埋没法のライン形成が難しい人には、傷跡が目立たない小切開法に脱脂法を組み合わせる術式がおすすめです。

ハナビューティークリニックは切開法と埋没法、どちらの術式にも対応しており、希望に沿った施術が可能です。

二重整形に興味はあっても、不安な人は数多くいらっしゃいます。

当院では初診・カウンセリングを無料で行なっているので、気がかりな点があればお気軽にお問い合わせください。

バレバレの二重整形を防ぐには正しいクリニックの選択を

二重整形には切開法と埋没法の術式があります。

バレバレの二重整形を防ぐためにもっとも大切なことは、クリニックおよび施術者の選択です。

信頼できる施術者であれば、カウンセリングに十分な時間をかけ、理想の二重になるよう留意して治療に臨んでくれます

術後はダウンタイムが発生するため、なるべく期間内は人と会うことを避け、回復に努めてください。

ダウンタイムが終わり、自然な二重が形成できるようになればバレる心配はありません。

ドクター紹介

院長あいさつ

私たちの使命は、自信を創り、人々の幸せの源泉となること。日本の美容医療の美しさを伝道し続けます。

みなさまが歳を重ねるほどに磨かれ輝くための、お手伝いをさせていただきます。上質な医療を提供するとともに、安心して落ち着けるクリニックを目指し、スタッフ一同全力を尽くします。

Hana Beauty Clinic 院長 厚田 幸子 Sachiko Atsuta

関連記事