電話でのお問い合わせ 0120-162-498 火曜日-日曜日:10:00-19:00

メールRESERVATION

LINEご予約はLINEが便利です

コラム

小顔効果が期待できるボトックス注射2種を徹底解説!

小顔効果が期待できるボトックス注射2種を徹底解説!

エラの筋肉を緩めて小顔を目指せるエラボトックス。

エラの張りはマッサージやトレーニングなどで改善するのは難しく、悩んでいる方も多いのではないでしょうか。

本記事では、ボトックスによる小顔効果について詳しく解説しています。

エラボトックス以外にも小顔効果を期待できる施術について紹介しているので、気になる方はぜひ参考にしてください。

そもそもボトックス注射とは

ボトックスとは、ボツリヌス菌によって産生されるボツリヌストキシンを利用した施術です。

美容医療では、エラの張りを改善したり、脇汗を抑制したりなどさまざまな部位に使用されています。

切開せずに注射だけで小顔を目指せるので、多くの方から人気を集めている施術のひとつです。

ここからは、ボトックス注射のメリットやデメリットを紹介します。

ボトックス注射のメリット

ボトックス注射のメリットは、以下のようなものが挙げられます。

・ダウンタイムが短く済む

・施術中の痛みが軽い

・3-6カ月で元に戻る

ボトックス注射は、注射器で薬剤を注入するため、切開手術に比べるとダウンタイムが短く済みます。

切開を伴う施術は、重いダウンタイムが伴いますが、ボトックス注射であれば日常にほとんど支障をきたしません。

さらにボトックス注射は、3〜6か月ほどかけて体内に吸収されます。

万が一仕上がりに納得がいかなくても、体内に吸収されて元の状態に戻ります。

また痛みも軽微であり、注射を受ける際と同じようなチクッとした痛みが生じるだけなのもメリットです。

ボトックス注射のデメリット

ボトックス注射のデメリットは、以下のようなものが挙げられます。

・半永久的な効果がない

・患部に違和感を感じるケースがある

ボトックス注射は、3〜6か月ほどかけて体内に吸収されます。

元に戻るのがメリットとも考えられますが、定期的に施術を受けなくてはならない点をデメリットとしても捉えられます。

またボトックス後の容姿に見慣れてしまい、効果が薄れてくると「以前よりもエラが張っている」「人中が長くなっている」と感じるケースも。

ボトックスによって、患部の状態が悪化することはないとされています。

なおボトックスは、筋肉の働きを緩める作用があるため、患部が動かしづらかったり、違和感を感じたりすることがあります。

これらの症状は、ボトックスが吸収されるとともに薄れていくので、様子をみるようにしましょう。

小顔効果が期待できる2つのボトックス注射

ボトックスは、脇汗抑制や表情ジワの改善、ふくらはぎ痩せなどさまざまな用途に使われます。

そのなかでも、小顔効果を期待できるボトックス注射は、下記の2つです。

・エラボトックス注射

それぞれの効果について詳しく解説していきます。

エラボトックス注射

エラボトックスとは、エラの「咬筋」という筋肉にボトックス製剤を注入する施術です。

エラ張りの原因である咬筋の働きを緩めることで、スッキリとした小顔を目指せます。

咬筋は、食いしばりや歯ぎしりなど無意識の行動によって発達していきます。

力仕事やスポーツをやっている方は特に咬筋が発達しやすいとされています。

そのため筋肉によって、エラが張っている方にエラボトックスはおすすめです。

なお骨格や脂肪によって、エラが張っている場合は、エラボトックス注射が適用ではない可能性があることを理解しておきましょう。

小顔効果が期待できるそのほかの美容医療

ボトックス注射以外にも、小顔効果が期待できる美容医療は多くあります。

そのなかでもおすすめな施術は以下のようなものが挙げられます。

・ハイフ

・糸リフト

・顔の脂肪吸引

小顔を目指している方は、選択肢を増やすためにも、ぜひ参考にしてください。

ハイフ

ハイフとは「高密度焦点式超音波」という特殊な超音波を肌に照射し、肌の土台「SMAS筋」を引き締める施術です。

熱エネルギーを与えるため、引き締め以外にもコラーゲンやエラスチン生成が促進され、肌質改善効果も期待できます。

痛みは多少ありますがダウンタイムがほとんどないため、手軽に受けやすい施術のひとつです。

糸リフト

糸リフトとは、棘(コグ)のような引っかかりが付いた特殊な糸を皮下組織に挿入し、肌の土台からたるみを持ち上げたり、引き締めたりすることで小顔効果を期待できます。

コグが皮下組織を刺激して、コラーゲンやエラスチン生成が促進されるため、ハイフ同様に肌質改善効果も期待できます。

なお糸リフトで使用される糸は、溶ける素材のものを使用することが多く、1年〜1年半で体内に吸収されるのが特徴です。

そのため体内に異物が残る心配がありません。

顔の脂肪吸引

脂肪吸引とは「カニューレ」という管を脂肪層に挿入し、余分な脂肪を取り除く手術です。

根本的に脂肪細胞を取り除けるため、小顔効果はもちろん、体重の増加で大きく顔の大きさが変化するリスクを軽減できます。

また脂肪吸引は、術後に腫れや痛み、内出血などのダウンタイムが伴います。

術後3日程度は、着圧バンドを使用しなければならないケースもあるため、脂肪吸引を検討している方は、スケジュールの調整が必要になるでしょう。

小顔になりたい人は新宿のハナビューティークリニックへ!

小顔を目指したい方は、新宿にあるハナビューティークリニックがおすすめです。

当院には、一般病院(外科医)や美容クリニックで多くの経験を積んだ施術者が在籍しています。

そのため1人ひとりに合った施術方法や仕上がりを提供できます。

糸リフトや痩身施術も扱っているので、悩みに合った施術を受けられるのもポイントです。

当院が気になる方は、ぜひ一度カウンセリングにお越しください。

【まとめ】ボトックス注射を受けて理想の小顔を手に入れよう

エラ張りが原因で顔が大きく見えている人は、ボトックス注射がおすすめです。

ほかにも人中が長くのっぺりとした印象や面長に見える方も、ボトックス注射を受けることで、小顔に見える可能性があります。

ボトックス注射で小顔を手に入れるには、スキルの高い医師のもとで施術を受けることが大切です。

実績や症例写真を確認して、スキルの高い医師を探しましょう。

ドクター紹介

院長あいさつ

私たちの使命は、自信を創り、人々の幸せの源泉となること。日本の美容医療の美しさを伝道し続けます。

みなさまが歳を重ねるほどに磨かれ輝くための、お手伝いをさせていただきます。上質な医療を提供するとともに、安心して落ち着けるクリニックを目指し、スタッフ一同全力を尽くします。

Hana Beauty Clinic 院長 厚田 幸子 Sachiko Atsuta

関連記事