電話でのお問い合わせ 0120-162-498 火曜日-日曜日:10:00-19:00

メールRESERVATION

LINEご予約はLINEが便利です

コラム

ボトックス注射はどの程度痛い?施術中・施術後の痛みを解説

ボトックス注射はどの程度痛い?施術中・施術後の痛みを解説

ボトックス注射を受けたいと考えているものの、どれくらい痛いのか分からず不安な人もいるでしょう。

本記事では、ボトックス注射の施術中・施術後の痛みについて詳しく解説します。

痛みを和らげる方法についても説明するため、ボトックス注射に興味がある人はぜひ参考にしてください。

そもそもボトックス注射とは

ボトックス注射とは、ボツリヌス毒素を含んだ薬剤を顔や身体に注入することで、筋肉の働きを弱める美容医療です。

「ボツリヌス毒素」と聞くと有害なのではないかと不安に感じる人もいますが、原則として人体に害を及ぼすことはありません。

表情筋に注射をすればシワを改善できるため、顎・額・目尻などに打つ人が多い傾向があります。

ほかにも、ふくらはぎの筋肉に注射して細くしたり、肩に注射してすっきり見せたりといった幅広い効果が期待できます。

口角付近に打つことで口角を引き上げたり、上唇の上に打つことで人中を短縮する効果も見込めます。

ボトックス注射の最大のメリットは、メスを使って切開することなく美容効果を期待できる点です。

そのため、美容医療を受けるのが初めての人でもチャレンジしやすいといえるでしょう。

また一度施術を受けて満足のいく効果が得られなかった場合、あとから追加することで仕上がりの調整が可能なのも嬉しいポイントです。

一方で、3ヶ月〜半年ほどで効果が切れるため、定期的に施術を受けに行く必要があります。

半永久的な効果を得られるものではないことをあらかじめ理解しておきましょう。

ボトックス注射の施術中の痛み

この項では、ボトックス注射の施術中の痛みについて詳しく解説します。

チクッとした軽微な痛みが生じる

美容医療の中にはメスを使って皮膚を切開する大がかりなものもありますが、ボトックス注射はあくまでも注射なため、強い痛みを感じることはありません

予防接種を受けるときのように、チクッとした軽微な痛みが生じるだけです。

そのため、施術中の痛みについて過剰に心配する必要はありません。

希望者には麻酔クリームを使うクリニックもある

どうしても痛みが心配な人や痛みに対して苦手意識が強い人には、麻酔クリームを塗布したうえで施術を実施してくれる美容クリニックもあります。

麻酔クリームを使うことで痛みを和らげられるため、カウンセリング時に医師に相談してみましょう。

施術中の痛みを和らげる方法

ボトックス注射の施術中の痛みは、以下の3つの方法によって和らげられます。

・麻酔クリームを使って注射を受ける

・注射を打つ前に患部を冷やしておく

・リラックスした状態で施術に臨む

どれも実践しやすいものなので、ぜひ取り入れてみてください。

麻酔クリームを使って注射を受ける

先述したとおり、麻酔クリームを用意している美容クリニックも存在し、注射を打つ前に塗布することで痛みを和らげられます

ただし、なかには取り扱っていないところもあるため、事前に確認しておきましょう。

公式サイトで麻酔クリームの有無が判断できない場合、電話などで直接問い合わせるのも手段のひとつです。

注射を打つ前に患部を冷やしておく

ボトックス注射を打つ箇所を冷やしてから施術を受けることで、痛みを和らげられます。

冷たさと痛みは、脳へ刺激を伝える際に使う神経経路が同じなため、先に冷たさを伝えておくことで痛みを感じにくくなります。

麻酔クリームを塗布したうえで患部を冷やせば、ボトックス注射の痛みを最小限に抑えられるでしょう。

リラックスした状態で施術に臨む

麻酔クリームの塗布や患部を冷やすことだけでなく、リラックスした精神状態で施術に臨むことも痛みの緩和に効果的です。

緊張して力んでしまうと筋肉が凝り固まり、痛みを感じやすくなってしまいます。

深呼吸を繰り返すなどして、落ち着いた状態でボトックス注射を受けましょう。

また、痛みを過剰に意識しないように気をつけることも大切です。

ボトックス注射の施術後はほとんど痛みを感じない

ボトックス注射は、施術後に痛みを感じることのない施術です。

ただし、赤みや腫れなどの症状があらわれることはあります。

数時間〜数日が経過すればこれらの症状も治まるため、日常生活に支障を来すことはありません。

そのため、施術後すぐに予定を入れることも可能です。

ただし、ボツリヌス菌は熱に弱いため、施術後3日間は激しい運動やサウナなどの血流が促進される行動を避ける必要があります。

また施術後すぐに患部をマッサージしてしまうと、製剤が他の箇所に流れてしまう恐れがあるため、注意が必要です。

ハナビューティークリニックでは極細の針を使っているため痛みを感じにくい

ボトックス注射に限らず、美容医療の施術を受ける際には美容クリニックや医師選びが重要です。

経験やスキルの浅い医師に施術を依頼してしまうと、理想とはかけ離れた仕上がりになってしまう恐れがあります。

また、痛みに対する説明を十分に受けられず、強いストレスを感じながら施術を受けることにもなりかねません。

その点、ハナビューティークリニックでは、極細の針を使ってボトックス注射を行っています

そのため「ほとんど痛みを感じなかった」とおっしゃる患者様も多くいます。

丁寧なカウンセリングを実施しており、痛みに関する説明も手厚く行っているため、痛みが苦手な方でも安心です。

ほかにも、小さな疑問や不安に徹底的に寄り添い、これまでに美容医療を受けたことのない人であっても安心して施術を受けられる環境を整えています。

痛みに不安を抱いている人も、ぜひ安心してボトックス注射を受けにいらしてください。

【まとめ】ボトックス注射がどの程度痛いか正しく理解しよう

ボトックス注射は、施術時にチクッとした痛みを伴います。

多くの人にとって我慢できないほどの強い痛みではないですが、心配な人は麻酔クリームの塗布やクーリングによって痛みを和らげられます

また緊張せずにリラックスして注射を受けることも大切です。

ぜひ、本記事の内容を参考にしてボトックス注射の痛みに関する理解を深めてください。

ドクター紹介

院長あいさつ

私たちの使命は、自信を創り、人々の幸せの源泉となること。日本の美容医療の美しさを伝道し続けます。

みなさまが歳を重ねるほどに磨かれ輝くための、お手伝いをさせていただきます。上質な医療を提供するとともに、安心して落ち着けるクリニックを目指し、スタッフ一同全力を尽くします。

Hana Beauty Clinic 院長 厚田 幸子 Sachiko Atsuta

関連記事