電話でのお問い合わせ 0120-162-498 火曜日-日曜日:10:00-19:00

メールRESERVATION

LINEご予約はLINEが便利です

コラム

目の下のクマを取る手術方法を解説!種類によって有効な術式は違う

目の下のクマを取る手術方法を解説!種類によって有効な術式は違う

目の下のクマができる要因はさまざまです。

セルフケアでも改善可能な状態であれば化粧品での対処も有効ですが、症状によっては手術を検討した方が良いでしょう。

クマを取る手術では種類によって効果の見込める術式が異なるため、まずは診断を受ける必要があります。

クマの種類は黒クマ、赤クマ、茶クマ、青クマと分けられますが、同時に発生する場合もあります。

クマの症状を把握せずに誤った方法でセルフケアを行なってしまうと、クマに悪影響を及ぼすこともあるため注意してください。

本記事ではクマ取りに有効な手術方法について、種類ごとに紹介します。

目の下のクマは手術で取れる

クマの種類は大きく分けて赤クマ・青クマ・黒クマ・茶クマの4つがあり、それぞれに有効な治療法が異なります。

クマは相手に疲れた老けた印象を与えることがあり、悩みを抱えている人も多くおられます。

多数のメディアでセルフケアの方法も紹介されていますが、症状が進行してしまった人や効果を実感できない人には手術がおすすめです。

自分がどのタイプのクマに分類されるのか確認しましょう。

クマの種類に適した手術方法

それぞれのクマの種類に適した手術方法を紹介します。

適切な方法を用いなければ、症状が悪化する恐れもあるので注意してください。

黒クマに対して有効な手術方法

黒クマは、目の下の脂肪が膨らんでいること・目の下がくぼんでいることの2つの要因が考えられます。

目の下の脂肪のことである眼窩脂肪が突出していることが原因で黒クマができているケースでは、余分な脂肪を取り除く下眼瞼脱脂という手術が適しています。

一方で、くぼみが原因の場合はヒアルロン酸や脂肪を注入することで対応可能です。

赤クマに対して有効な手術方法

赤クマは目の下の皮膚が薄く血行不良になっていること・眼窩脂肪が突出し、目の周りの眼輪筋を圧迫していることが大きな要因です。

下眼瞼脱脂によって眼窩脂肪を取り除けば、血行も良くなり症状が改善されます。

茶クマに対して有効な手術方法

茶クマはメラニン色素によって皮膚の色が茶色くなることが原因です。

シミ治療に有効なレーザートーニングを利用することで、メラニンの発生を防ぎながら色素を徐々に薄くできます。

茶クマに対して強い刺激を与えると、メラニンの生成が活性化され、逆効果につながるおそれもあるため注意しましょう。

青クマに対して有効な手術方法

青クマは目の下にある静脈が透けて見えることが原因です。

眼窩脂肪の突出がある場合も青クマが目立つ要因となるため、下眼瞼脱脂が有効な手術法になります。

またヒアルロン酸注入も青クマ改善に有効な治療法です。

ただしヒアルロン酸自体が青く透けてしまうリスクがあるため、施術前に説明を受けましょう。

目の下のクマを取る手術のダウンタイムと費用相場

目の下のクマをとる手術のダウンタイムと費用相場は下記の表の通りです。

施術方法 ダウンタイム 費用相場
下眼瞼脱脂 1~2週間 20-50万円
ヒアルロン酸注入 約1週間 5〜10万円
脂肪注入 約2週間 20〜40万円
レーザートーニング 数時間 1~3万円

手術を検討する際は、費用相場だけでなくサービス内容も含めて検討しましょう。

ヒアルロン酸注入は下眼瞼脱脂使用する製剤によって価格差があります。

基本的に、目の周りは柔らかいヒアルロン酸を使用します。

クマを取る手術の持続期間は?

クマを取る手術の持続期間は手術の内容によって異なります。

クマ取りを検討する際は、持続期間も含めて考えた方が良いでしょう。

下眼瞼脱脂の持続期間

クマの手術で下眼瞼脱脂を選択した場合、長い人では半永久的に効果が持続します。

ただし個人差も大きく、数年で再発する可能性もあります。

一般的には施術後数年間で、元の状態まで戻ることはほとんどありません。

ヒアルロン酸注入の持続期間

目の周辺へは柔らかいヒアルロン酸を使用します。

注入の効果は数か月~1年程度 ※製剤により異なるで、経過とともに体内へ吸収される性質があります。

それ以降も効果を継続させるには、定期的にヒアルロン酸を注入する必要があるため、一度の施術で長期間クマを改善させたい人には不向きです。

脂肪注入の持続期間

脂肪注入はまず身体に定着するかどうかが焦点となります。

脂肪がうまく定着すれば効果は長期にわたって持続し、半永久的な効果も期待できるでしょう。

ただし身体が痩せてくると、凹みが目立つ可能性があります。

レーザートーニングの持続期間

施術効果を実感するためには、2週間に一度の頻度で、5回以上の施術を継続することが望ましいでしょう。

施術を継続する度にメラニン色素は薄くなり、茶クマの症状が改善されます。

クマを取る手術を検討する際の注意点

クマを取る手術を検討する場合、経験豊富な施術者を選ぶことが肝心です。

術式によってリスクも変化しますが、これも経験豊富な施術者を頼ることで回避できます。

成果は施術者の技術に左右される

クマ取りの手術で最も重要な要素は、手術を行う施術者の技術です。

適切な手術内容でない場合、仕上がりが悪くなるばかりか身体に大きなダメージが残る可能性があります。

手術を検討する際は必ずリサーチをして、優れた実績のある施術者を探しましょう。

安易に費用の安さだけでクリニックを決めてしまうと、後悔につながる可能性があります。

術式によってリスクが異なる

目の下のクマを取る手術にはさまざまな種類があり、それぞれリスクも異なるため注意しましょう。

リスクにはダウンタイム中に発生する内出血や腫れといった時間の経過とともに改善する症状もありますが、後遺症を発症する可能性もあります。

リスクは施術者の知識や技術によって抑えられるため、信頼できるクリニックを選びましょう。

クマを取る手術ならハナビューティークリニックへ

症状に適した施術を選ぶことで、クマの症状を解消できます。

そのためには丁寧な診断を行い、クマの原因を突き止めることが肝心です。

場合によっては複数のクマが同時に発生している可能性もあるため、正しい診断が不可欠。

ハナビューティークリニックでは、カウンセリングを通してお客様に施術内容やリスクを説明した上で、手術を受けられるかどうか判断を仰ぎます。

当院ではクマ治療に最適なアプローチを行うために、多くの治療法を取り入れています。

自分に合った治療法がわからない、とお悩みの人はぜひハナビューティークリニックにお越しください。

クマを取るには症状に適した手術を取り入れよう

目の下のクマを取る手術を受ける際には、クマの種類によって効果的な方法が異なるためまずは診断を受けることが大切です。

クマの種類は黒クマ・赤クマ・茶クマ・青クマがあり、なかには症状が混合しているケースもあります。

診断を受ければクマの状態がわかるだけでなく、セルフケアで改善可能か見極められます。

まずはクマの状態を確認するために診断を受け、必要であれば手術を検討してみてはいかがでしょうか。

自己判断せず、専門医に相談して慎重に対処しましょう。

ドクター紹介

院長あいさつ

私たちの使命は、自信を創り、人々の幸せの源泉となること。日本の美容医療の美しさを伝道し続けます。

みなさまが歳を重ねるほどに磨かれ輝くための、お手伝いをさせていただきます。上質な医療を提供するとともに、安心して落ち着けるクリニックを目指し、スタッフ一同全力を尽くします。

Hana Beauty Clinic 院長 厚田 幸子 Sachiko Atsuta

関連記事