電話でのお問い合わせ 0120-162-498 火曜日-日曜日:10:00-19:00

メールRESERVATION

LINEご予約はLINEが便利です

コラム

クマ取りの治療法を紹介!ダウンタイムなしの術式も存在する?

クマ取りの治療法を紹介!ダウンタイムなしの術式も存在する?

目の下のクマが目立つようになると、老けて見えたり不健康なイメージを与えたりします。

クマは多くの人が抱えている悩みであり、種類や原因によって改善方法が異なります

クリニックではクマの種類に適した治療法を用意しており、ダウンタイム期間もさまざまです。

ほとんどダウンタイムなしのクマ取り治療法も存在しますが、まずは症状に適した施術かどうか確認する必要があります。

本記事では、クマの種類・原因・有効な治療法について解説します。

クマの種類と原因

クマの種類は「黒クマ」「茶クマ」「赤クマ」「青クマ」があり、それぞれ原因も異なります。

クマの種類や症状によって治療法が変わるため注意しましょう。

クマの改善にはセルフケアも有効な選択肢となりますが、症状によってはクマの悪化につながりかねません。

黒クマ

黒クマは、目の下の皮膚に段差のようなものがあり影ができて見えるクマのことです。

色素沈着によるものではなく、皮膚が薄く皮下脂肪の少ない方にできやすいことが特徴です。

遺伝的要因も大きく影響しており、両親に黒クマがある場合は自分自身にも出やすい傾向があります。

黒クマは、4種類のクマのなかでもっとも多い症状です。

茶クマ

茶クマは、目の下が茶色く色あせたように見えるクマのことです。

色素沈着によって引き起こされているため、紫外線や摩擦などの刺激を与えるのはNGです。

また、クマを改善しようと洗顔やクレンジングでゴシゴシと目の周辺を擦ることも悪化の要因になります。

赤クマ

赤クマは、目の下の脂肪が膨らむことで引き起こされます。

血行不良も原因のひとつですが、年齢や遺伝的な要素も関与しています。

赤クマは皮膚を引っ張ると赤みが増し、目の下が赤く腫れているように見えます。

赤クマの予防には、なるべく目を酷使せずに過ごすのが効果的です。

青クマ

青クマは紫クマとも呼ばれており、薄い皮膚から透けて見える毛細血管が原因です。

状態の良い毛細血管は鮮やかな赤色をしていますが、血行が悪い状態では暗めの見た目をしています。

また、青クマの出現には骨格などの遺伝的要素も関与しています。

ダウンタイムほぼなしの施術はレーザー治療のみ

クマ取りの治療法は数多く存在しますが、ほとんどダウンタイムなしの施術はレーザー治療のみです。

出力が強すぎるとかえってメラニンを刺激するおそれがあるため、従来よりも微弱なエネルギーのレーザートーニングの使用がオススメです。

クマの種類によってはダウンタイムなしの治療は難しい

レーザートーニングが有効なのは、メラニン色素が原因の茶クマのみです。

それ以外のクマの種類では、ダウンタイムなしの治療は難しいでしょう。

ダウンタイムなしでもメリットばかりではない

ダウンタイムなしのレーザートーニングに興味を持つ人は多いですが、一方でデメリットもあります。

レーザートーニングは一度の治療で劇的に効果があらわれるものではありません

施術を継続することで、身体の内側から綺麗になる治療法です。

効果を実感できるまでには5回以上の通院が目安で、約2週間に1回の頻度で通うことが推奨されています。

メスを使う手術ならダウンタイムが長い反面、長期にわたって効果が持続します。

クマ取り治療のダウンタイム期間と症状

クマ取り治療のダウンタイム期間と症状の強さは、施術方法によって異なります

ヒアルロン酸注入(再生注射)

ヒアルロン酸注入のダウンタイムは約1週間です。

注射には極細の針を使うため発生割合は少ないものの、施術後には内出血や腫れといった症状があらわれます。

早ければ2〜3日でダウンタイム中の症状が解消されるため、安全性の高い施術の一つとしてもオススメです。

ただしヒアルロン酸は体内で吸収される性質があるため、効果は数か月~1年程度で消失します。

下眼瞼脱脂(ハムラ法)

下眼瞼脱脂のダウンタイムは1〜2週間で、必ず腫れ・内出血の症状があらわれます

切開を伴うため痛みの心配をされる人も多いですが、麻酔を使うので痛みはほとんどありません。

下眼瞼脱脂はダウンタイムが長いことがデメリットですが、長期にわたって効果が継続します。

経結膜脱脂(裏ハムラ法)

経結膜脱脂のダウンタイムは、下眼瞼脱脂と同じく1〜2週間で落ち着きます。

腫れ・内出血の症状が発生しますが、傷跡が見た目として残ることはありません。

経結膜脱脂も長期期間効果が持続する術式ですが、仕上がりは施術者の技術力次第です。

どのような治療法を選択するにしても、成果を出すためには実績のある施術者を頼る必要があります。

ダウンタイムなしの治療にこだわることはNG?

日々忙しい現代人にとってダウンタイムは避けたいものですが、こだわりが多すぎるのも考えものです。

なぜならダウンタイムがない治療は、一度の施術だけで目覚ましい効果があらわれることがなく、継続した施術を受ける必要があるからです。

また比較的ダウンタイムが短い治療法であっても、持続期間が数ヶ月で終わるケースが多いです。

後悔へとつながらないために、数年後まで見越して治療法を検討することをおすすめします。

ダウンタイムを減らすには術後の過ごし方も大切

ダウンタイムの期間を短くするためには、術後の過ごし方も重要です。

内出血や腫れが目立つ場合、患部を冷やすことで改善がしやすくなります。

熱い温度でのシャワーや入浴など、血行を促進させる行為を避け、就寝時には患部を心臓より高い位置で休ませましょう。

施術内容によってダウンタイムの注意事項も異なりますが、安静にして過ごすことでダウンタイムのリスクを抑えられます。

ダウンタイムを極力減らす治療はハナビューティークリニックへ

クマ取りの治療にはダウンタイムがほとんどない施術も存在しますが、継続して治療を受けることが前提です。

それなりのダウンタイム期間がある施術は効果が高く、一度だけの施術でも効果は長期間におよびます。

ダウンタイムと効果は比例しているともいえますが、それ以上に関与するのは施術者の技術力です。

当院の施術は効果が高く、ダウンタイムは極力少なくなるよう配慮して行っています。

余分な皮膚組織は傷つけずに行うため、身体への負担も少なく終えられます。

ダウンタイムを短くした治療をご希望なら、ぜひ当院をご利用ください。

クマ取り整形はダウンタイムほぼなしの治療も行えます

クマの種類や原因、各施術のダウンタイム期間と症状について紹介しました。

茶クマであればレーザー治療でダウンタイムほぼなしのクマ取り治療が可能ですが、一度の治療で劇的に改善するわけではありません。

治療を重ねる度に茶クマの原因であるメラニンを除去し、徐々に見た目の変化が出ます。

施術法によってはダウンタイムに要する期間が1週間以上かかる場合もありますが、継続して治療に通う必要がないことが利点です。

ダウンタイムなしの治療方法にこだわりすぎるよりも、クマを早急に改善した方が後々の満足度は高くなります。

クマ取り治療のダウンタイムが心配な人は、カウンセリングで施術者に相談することをおすすめします。

ドクター紹介

院長あいさつ

私たちの使命は、自信を創り、人々の幸せの源泉となること。日本の美容医療の美しさを伝道し続けます。

みなさまが歳を重ねるほどに磨かれ輝くための、お手伝いをさせていただきます。上質な医療を提供するとともに、安心して落ち着けるクリニックを目指し、スタッフ一同全力を尽くします。

Hana Beauty Clinic 院長 厚田 幸子 Sachiko Atsuta

関連記事