電話でのお問い合わせ 0120-162-498 火曜日-日曜日:10:00-19:00

メールRESERVATION

LINEご予約はLINEが便利です

コラム

クマ取りの2週間後にはダウンタイム症状が終わる?過ごし方も解説

クマ取りの2週間後にはダウンタイム症状が終わる?過ごし方も解説

「クマ取りのダウンタイムは長い?」

「ダウンタイムは1週間?2週間?」

このようにクマ取りのダウンタイムに疑問や悩みを抱えている方もいるのではないでしょうか。

本記事では、クマ取り後のダウンタイムについて紹介します。

期間や症状について詳しく解説していくので、ダウンタイムが原因でクマ取りを躊躇している方は、ぜひ参考にしてください。

クマ取りとは?

クマ取りとは、目の下のたるみやふくらみによってできるクマを改善する施術です。

当院では、下記のクマ取りを扱っています。

・下眼瞼脱脂術(結膜側)

・下眼瞼脱脂術(皮膚側)+皮膚切除術

下眼瞼脱脂術とは、まぶたの裏側(結膜)を数ミリ切開し、たるみとなっている脂肪を取り除く方法です。

肌表面に傷跡が残らないうえに、切開箇所が小さいため、ダウンタイムは短い傾向があります。

たるみが重度の場合は、まつ毛のキワに沿って切開し、余分な皮膚を切除する「皮膚切除術」を組み合わせるケースもあります。

傷は時間経過とともに、近くで見ても目立たなくなるくらい自然になるため、過度に心配する必要はありません。

クマ取りのダウンタイム期間は1週間程度

クマ取りの主なダウンタイム症状は、1~2週間程度程度で改善します。

皮膚切除術は、術後7日目に抜糸を行います。

それまでは目の下に糸がついた状態です。

なお皮膚切除術による赤みは2〜3ヶ月程度残りますが、通常は半年で綺麗に仕上がります。

そのため焦らず様子をみるようにしてください。

なおダウンタイム中は、眼鏡やマスク、メイクである程度ごまかすことが可能です。

クマ取りのダウンタイム中にあらわれる症状

ダウンタイム症状について気になっている方も多いのではないでしょうか。

クマ取りのダウンタイム中に生じる症状は、以下が挙げられます。

・痛み

・内出血

・腫れ

・血の涙

術後に焦らないよう、事前にダウンタイム症状を把握しておきましょう。

それぞれの症状について詳しく紹介していきます。

痛み

クマ取り後は、痛みが生じます。

特に頭を下げると鈍痛が強く出るケースもあります。

主に痛みは、術後2〜3日がピークとされており、1週間後には気にならなくなります。

内出血

施術後に内出血が生じるケースもあります。

目立たない内出血を含めれば、施術を受けた人のほとんどに生じますが、目立つ内出血は全体の30%くらいに起こるとされています。

多くのダウンタイム症状は、1週間程度で治まりますが、内出血は体質によって2週間程度続く可能性があることを理解しておきましょう。

また眼球にも内出血が生じるケースもありますが、異常ではないため、落ち着いて様子をみてください。

腫れ

施術後は、目の下が赤く腫れます。

強く腫れが生じると、視界が狭くなる可能性がありますが、焦らず改善するまで様子をみましょう

血の涙

ダウンタイム中は、傷口が塞がるまでの間に軽微の出血が起こることで、涙に血液が混ざる可能性があります。

なかには鼻を通って鼻水に混じることもありますが、3日程度で落ち着きます

軽微の出血が気になる場合は、清潔なガーゼで軽く出血箇所を押さえて止血してください。

稀に患部に血が溜まることで血腫が生じることがあります。

大きい血腫は除去する必要があるため不安を感じた際は、施術者に相談しましょう。

クマ取りのダウンタイム中の過ごし方

クマ取りのダウンタイム中の過ごし方について紹介します。

・血の流れを促進する行動を控える

・頭を心臓より下に持ってこない

・患部を適切な方法で冷やす

これらのポイントを押さえて過ごすことで、ダウンタイムを長引かせたり、悪化させたりするリスクを軽減できます。

それぞれ詳しく解説していくので、参考にしてください。

血の流れを促進する行動を控える

ダウンタイム中はサウナ、激しい運動など血流を促進させる行動は控えましょう。

血流が促進されると、血管から体液が漏れ出し、内出血や腫れを悪化させてしまう原因に。

そのためサウナなどは、ダウンタイム症状が落ち着いてから再開するのがおすすめです。

また飲酒も避けるのがベストです。

アルコールには、血管を拡張させる作用があり、同じく血流が良くなってしまうため、注意が必要です。

頭を心臓より下に持ってこない

頭を心臓より下に持っていかないようにしましょう。

頭と心臓の位置が同じもしくは、下になってしまうと目元に血流が集まりやすくなります。

血流が集まると腫れなどのダウンタイム症状が、悪化する可能性が高まります。

術後3日目くらいまでは、就寝時以外は横になるのは避け、座って過ごすのがおすすめです。

なお就寝時は、いつもより枕を高めにすると良いでしょう。

患部を適切な方法で冷やす

ダウンタイム症状を悪化させないためには、患部を冷やしましょう。

術後の患部は、熱を持った状態のため、冷やすことで血管が収縮され、腫れを抑えられます

冷やす際は、以下の方法がおすすめです。

・清潔なガーゼやタオルで保冷剤または氷を包む

・濡らした清潔なタオルを使用する

使用するガーゼやタオルは、必ず清潔なものにしてください。

1回数分程度冷やすと効果的です。

なお長時間保冷剤を当ててしまうと、凍傷を引き起こす恐れもあるため、注意してください。

新宿のハナビューティークリニックなら2週間後きれいな仕上がりに

新宿でクマ取りを検討している方は、ハナビューティークリニックがおすすめです。

当院では、美容医療に精通した施術者がカウンセリングや施術を担当します。

1人ひとりの症状や悩みに合わせて「皮膚と結膜どちらからアプローチするか」「皮膚切除術を併用するか」などを慎重に判断します。

また当院は、JR新宿駅西口より徒歩6分、大江戸線新宿西口駅D5出口より徒歩1分でアクセス可能です。

術後もすぐに電車に乗れるため、身体への負担も軽減できます。

ご相談だけでも受け付けておりますので、ぜひ一度カウンセリングにお越しください。

【まとめ】クマ取り後2週間の過ごし方を理解しよう

クマ取りのダウンタイム症状は、主に腫れや痛み、内出血などが挙げられます。

多くの場合は、1週間程度、長くても2週間で落ち着くため、満足度が高く老若男女から人気を集めています。

なお実績のあるクリニックで施術を受けることで、クマを十分に改善可能です。

そのためクマ取りを受ける際は、施術者の経歴やスキルなどをきちんとチェックし、クリニックを選びましょう。

ドクター紹介

院長あいさつ

私たちの使命は、自信を創り、人々の幸せの源泉となること。日本の美容医療の美しさを伝道し続けます。

みなさまが歳を重ねるほどに磨かれ輝くための、お手伝いをさせていただきます。上質な医療を提供するとともに、安心して落ち着けるクリニックを目指し、スタッフ一同全力を尽くします。

Hana Beauty Clinic 院長 厚田 幸子 Sachiko Atsuta

関連記事